懐かしのNHK少年ドラマシリーズ 

 今から34年前の1972年1月1日、「NHK少年ドラマシリーズ」の記念すべき第一回作品である「タイム・トラベラー」の放映が始まりました。当時、ウルトラマンなどの特撮ドラマも一通り放映を終え、特に面白いSFアニメがあったわけでもなく、SFといえば、外国作品が中心だった、そんな時期に放映された、自分と等身大の主人公によって演じられるドラマにひきつけられないはずはありません。「つぶやき岩の秘密」、「ぼくがぼくであること」(1973年)、「夕ばえ作戦」、「まぼろしのペンフレンド」(1974年)、「赤外音楽」、「なぞの転校生」(1975年)、「未来からの挑戦」、「幕末未来人」(1977年)など、SF作品を中心にますます「少年ドラマシリーズ」のとりこになっていきました。原作者は筒井康隆、眉村卓、光瀬龍など一流のSF作家ばかりで、原作のすばらしさもさることながら、無名時代の池上季実子や古手川祐子、紺野美沙子が出演するなど、キャストにも恵まれていたと思います。床がボコボコ鳴る、一見しただけでスタジオセットとわかる安上がりのドラマもあったのですが、ドラマの作りはNHKらしく丁寧で良心的だったと思います。今やノスタルジーの対象となってしまった「NHK少年ドラマシリーズ」ですが、自分の心の中にはいまだに生き続けている大切な宝物なのです。

NHK少年ドラマシリーズ作品一覧
 この作品一覧を作成するに当たっては、1985年6月発行の『季刊東京おとなクラブ 5号』の特集「タイム・トラベラーとNHK少年ドラマシリーズ」を参考にさせていただきました。また、多くの皆さまから貴重な情報や励ましのお言葉を頂き、ありがとうございました(いくつか紹介させていただきました)。これからも、できる限りこのコーナーは充実させていきたいと思っていますので、情報や感想などをお寄せいただければ幸いです。

1972(昭和47)年

タイム・トラベラー

◆放送日時:1/1〜2/5 土曜18:05〜18:35・6回(同年7/23より再放送) ◆原作:筒井康隆「時をかける少女」 ◆演出:佐藤和哉 ◆脚本:石山透 ◆出演:芳山和子(島田淳子) 深町一夫=ケン・ソゴル(木下清) 福島先生(浜田晃) 柳沢由美(テレサ・野田)◆コメント:「NHK少年ドラマシリーズ」の記念すべき第一回作品。SFでありながらラブ・ロマンスでもある画期的な作品といえよう。中学3年生が主人公だったが、当時小学4年生の僕からはとても大人びて見えた。ちなみに主人公を演ずる島田淳子も当時中学3年生だった(その後、浅野真弓と改名、「おじさま!愛です」「敬礼!さわやかさん」などいくつかのドラマや映画に出演。引退後の1984年11月、歌手・柳ジョージ氏と結婚)。城達也氏(故人)のオープニング・ナレーションによる「世界の不思議な出来事」とジューイッシュ・ハープで奏でられる幻想的なテーマ曲も印象深かった。作曲者の高井達雄氏は、 「鉄腕アトム」などのテーマ曲でも知られている。この作品は1983年、大林宣彦監督・原田知世主演で「時をかける少女」として映画化され、大ヒットした。同じ原作とはいえ、全く違った作品といってもいいだろう。その後、民放でも3回ほどドラマ化され(南野陽子や内田有紀などが主演)、1997年11月、再び角川映画より角川春樹監督で再映画化された。舞台は昭和40年の信州のとある城下町。全編モノクロでノスタルジック調に撮影されており、古い日本映画を見ているような錯覚に陥る不思議な雰囲気の作品であった。

◆詳しいストーリーは
こちら

◆「敬礼!さわやかさん」(1975・NET)に出演していた頃の浅野さんは
こちら

◆ケン・ソゴルこと木下清さん情報:木下さんはその後、「太陽にほえろ」など日テレ系のドラマに出演後、芸能界を引退され。現在は運送関係の仕事をされているとのこと。

1999年、ついに、あの幻といわれた「タイム・トラベラー」のVTRテープ(最終回のみ)が視聴者の中から発見された。すでにそのテープはNHKに送られ、最新のデジタル技術を駆使して映像の復元に成功し、1999年7月3日のNHK『土曜スタジオパーク』でその一部が紹介され、大きな反響を呼んだ。VTR発見から再放送までの経緯、貴重な映像等、詳しくは下記のホームページで。

2003年3月、「タイム・トラベラー ァ 璽織ぅ燹Ε襦璽襪瞭罅次廚諒送台本が「yahoo! オークション」に出品され、42,000円という高値で落札された(下は出品されていた放送台本の画像)。興味深いのは、「少年ドラマシリーズ」ではなく、「連続ドラマ」となっている点である。当初は「少年ドラマシリーズ」という名称ではなかったのか?だとすれば、いつから「シリーズ」になったのだろうか? また、左上に「浜田様」と書き込みが見えるが、福島先生役の「浜田晃」さん所有の放送台本だったのか?謎は深まるばかりである。

満員御礼      
◆放送日時:2/12〜3/25 土曜18:05〜18:35・7回 ◆原作:渡部茂男「寺町三丁目十一番地」 ◆演出:黛叶 ◆脚本:須藤出穂 ◆出演:父・福田福一郎(桂小金治) 母・すみ(中北千枝子) 長女・しげ子(服部妙子) 長男・誠一郎(竹尾智春) ◆ストーリー:子だくさんの写真館一家と町の人たちとの交流を描く。



 
ミルナの座敷     
◆放送日時:4/1〜4/29  土曜18:05〜18:35・5回 ◆原作:須知徳平 ◆演出:花房実 ◆脚本:川崎九越 ◆出演:英彦(山本善夫) 妹・夏子(石崎恵美子) 辰造おじさん(織本順吉) 息子・幸介(塩谷翼) ◆コメント:都会の少年・英彦とその妹夏子は、春休みに岩手県の辰造おじさんの家に泊まりに来た。おじさんの家には、先祖代々伝わる隠れキリシタンのマリア観音が、「ミルナの座敷」と呼ばれる離れに安置してある。昔から決められた日以外、観音を見ることは禁じられていた。
とべたら本こ    
◆放送日時:5/6〜5/27  土曜18:05〜18:35・4回 ◆原作:山中恒「とべたら本こ」 ◆演出:加地通泰 ◆脚本:山田正弘 ◆出演:カズオ(有馬義人) 父・政一(矢野宣) 母・せつ子(富士真奈美) 黒田(外野村普) そめ(浦辺粂子) 怪獣ギャットラー(円谷プロ) ◆ストーリー:貧乏長屋に住む山田カズオ。カズオの父は競馬好きの遊び人、母は内職に精を出しているが、夫婦喧嘩が絶えない。そんな生活や両親の無理解に耐えかねたカズオは家出を決行した。家出をしたカズオは、そめと名乗るヘンな婆さんと出会い、そめ婆の家へ住み着くが・・・。 ◆コメント:タイトルの「とべたら本こ」とは、神奈川県地方の子供達の間で、ゴム跳びで「ためし跳びがうまく跳べたら今度は本番を跳ぶよ」という意味だとか。
悲しみは海の色   
◆放送日時:6/3〜6/24  土曜18:05〜18:35・4回 ◆原作:山下喬子「悲しみは海の色」 ◆演出:佐藤和哉 ◆脚本:田波靖男 ◆出演:桐林芙美(飯島洋子) 中川和也(角田敏) 野村ちか子(小川悦子) 塚田先生(西沢利明) ◆ストーリー:青森県から都会の中学へ転校してきた女生徒嫌いの男子中学生と、彼に興味を持って接近した女子中学生の間に芽生えた初恋を生き生きと描く。

◆左の写真は桐林芙美役の飯島洋子さん(写真提供:大阪miya-bonさん)
怪人オヨヨ     
◆放送日時:7/1〜7/29  土曜18:05〜18:35・5回 ◆原作:小林 信彦「オヨヨ島の冒険」「怪人オヨヨ大統領」 ◆演出:石川康彦 ◆脚本:石山透 ◆出演:大沢ルミ子(星野みどり) 鬼面(梶哲也) 張念天(二見忠男) 名探偵グルニョン(納谷悟郎) 怪人オヨヨ(鈴木利秋) ◆ストーリー:シナリオライターの大沢正彦は一枚の手紙を受け取ったことから、自分が書いたキャラクター”オヨヨ”に本当に狙われるという大騒動が始まる。放送局を舞台とし、スタジオの裏側が登場したり、スタジオドラマの枠を破る斬新な手法が試みられた。
少年オルフェ
◆放送日時:9/2〜9/23 土曜18:05〜18:35・4回 ◆放送日時:米沢幸男「少年オルフェ」 ◆演出:黛叶 ◆脚本:横田弘行 ◆出演:進(長田進二) 妹(和田麻里) ピエロ、ボス(大木正司) 老人(林孝一) サボテン王国の女王(里見京子)◆ストーリー:主人公の進が、妹のふう子を死の世界から連れ戻すために、相棒のピエロやユートピア博士の協力を得て「さばきの星」や「サボテン王国」といった奇想天外な世界を冒険旅行する物語。

◆少年オルフェの原作者の甥さんより:思わぬところで思わぬモノを発見し、ビックリです。今叔父は作家活動はしていませんが、ホームページに少しだけとは言え、若かりし頃の作品がリストアップされている事に喜びを感じる事と思います。早速、連絡してみようと思います。
◆t-catさんより:少年(異世界の住人?)が、笛のようなものを吹いて主人公の妹を殺す。主人公が悲しみ、「何故早く葬式をしてはいけないのか」と大人に詰め寄る。死んでから24時間は葬ることができないのだ(<ほんとか?)と説明される。少年は更に、「どうして?生き返るかもしれないから?(そんなわけないのに)」と言う。
どっちがどっち   
◆放送日時:9/30〜10/28 土曜18:05〜18:35・5回 ◆原作:大木 圭「どっちがどっち」 ◆演出: 加地通泰 ◆脚本:山田正弘他 出演:高木夏子(松下隆子) 高木冬子(松下昌子) 父(庄司永健) 母(加藤みどり)◆ストーリー:高木家の夏子と冬子は一卵性双生児の中学3年生。姉の夏子はおしとやかでおっとりているが、妹の冬子はおっちょこちょいのおてんば型。典型的な双子もののコメディー。

◆詳しいストーリーは
こちら
続・タイム・トラベラー
◆放送日時:11/4〜12/2 土曜18:05〜18:35・5回 ◆演出:佐藤和哉 ◆脚本:石山 透 ◆出演:芳山和子(島田淳子) ケン・ソゴル(木下清) 語り(城達也)◆ストーリー:高校生になった和子のもとに、ケンが再び現れる。20世紀のどこかに紛れ込んでしまったケンの仲間、ブラド、ロック、レムの3人を探しに、再びタイムリープすることに。◆コメント:「タイム・トラベラー」放映直後から、NHKにはものすごい反響があったという。そのため、急きょ制作されたのがこの作品。前作で脚本を担当した石山透が引き続き担当した。

1973(昭和48)年

はつさん ハーイ!  
◆放送日時:1/6〜1/27 土曜18:05〜18:35・4回 ◆原作:由紀しげ子「女中ッ子」 ◆演出:花房実 ◆脚本:高橋玄洋 ◆出演:はつ(四方正美) 加治木勝見(簾内滋之) 父(加藤和夫) 母(高千穂ひずる) ◆ストーリー:山形の田舎からひとりの少女が上京し、世田谷の上流家庭のお手伝いになり、田舎者と馬鹿にされ、煙たがられながらの健気に生きる姿を一家の鼻つまみ者の次男との心のふれあいを軸に描く。  
コロッケ町のぼく 2/3〜3/31 土曜18:05〜18:35・9回
暁はただ銀色
◆放送日時:4/2〜4/11 月〜水曜18:05〜18:30・6回 同年7月に再放送 ◆原作:光瀬龍「暁はtだ銀色」 ◆演出:花房実 ◆脚本:岩間芳樹 ◆出演:ケン(佐山泰三) リカ(テレサ野田) ユーサク(山田隆夫) エミ(四方晴美) 緑川先生(工藤堅太郎)◆ストーリー:転校生のリカに魅せられ、やがてリカの背負っていた宿命に直面するケンの一人称によって物語が進められていく。リカは150年前に地球に送り込まれた宇宙人で、リカの住んでいた星は地球からの反射光を受けて生きていたが、リカの星を滅ぼすために公害のベールで地球を覆い、反射光をなくしてしまおうとするNN83マイナスを倒すことが目的だったのだ。このNN83マイナスのとった手段とは、地球人を次々に異次元に連れ込み、帰ってくるとその人は心の冷たい無気力な人間になってしまっているというものだった。そうやって公害にも反対しようとしない人間を作り出そうとしていのだ。 ◆コメント:とにかく出演者がすごい。緑川先生役の工藤堅太郎はご存知「ミラーマン」。他の子役たちも「年ドラ」など当時の子供向けドラマの常連ばかり。原作では、宮野理香は目黒区の百合ヶ丘中学校の3年A組の生徒。住所は東京都目黒区洗足。社長令嬢ということになっている。洗足周辺の描写が妙に詳しいことから、光瀬先生は当時この辺りにお住まいだったのか? 
気まぐれ指数        4/16〜4/25 月〜水曜18:05〜18:30・6回
空飛べ!キャットウィーズル 5/7〜5/23 月〜水曜18:05〜18:30・9回
けんかえれじい      
◆放送日時:5/28〜6/6 月〜水曜18:05〜18:30・6回 ◆原作:鈴木隆「けんかえれじい」 ◆演出:黛叶 ◆脚本: 須藤出穂 ◆出演:南部麒六(山田政直) 大村道子(竹下景子) 父(織本順吉) 母(松風はる美) ◆ストーリー:日中戦争下の昭和8、9年を背景に旧制中学生のエネルギッシュな青春像を描く。岡山の中学生南部麒六は、硬派不良グループ“オスムス団”に入団する。しかし、教会で知り合った美少女道子のことで、団長のタクアンと対決することになる。麒六は尊敬するスッポン先輩に加勢を依頼、ついには、ヤクザや配属将校まで登場し、麒六は、横浜、会津若松と学校を転々とする。スッポンの出征、道子の病気、特高に捕まる下宿の仲間・・・・。やがて、ファシズムの荒波が若者たちを確実に襲ってゆく。
あなたの町         6/11〜6/20 月〜水曜18:05〜18:30・6回
ロンドン大追跡       6/25〜7/4 月〜水曜18:05〜18:30・6回
つぶやき岩の秘密

◆放送日時:7/9〜7/19 月〜水曜18:05〜18:30・6回 ◆原作:新田次郎「つぶやき岩の秘密」 ◆演出:佐藤和哉 ◆脚本:鎌田敏夫 ◆出演:三浦紫郎(佐瀬陽一) 三浦源造(巌金四郎) 三浦ぬい(西口紀代子) 白髭さん(美川陽一郎) 小林先生(菊 容子) 山下志津子(吉岡いずみ) ◆ストーリー:神奈川県三浦半島の三戸浜海岸を舞台に、少し自閉症気味の少年三浦紫郎が、父母の死にまつわる謎を解こうとするうち、次々と奇妙な事件にまき込まれる姿をスリリングに描いた、少年ドラマシリーズ屈指の傑作。◆コメント:「地下要塞」「金塊」「秘密の地下通路」など、 当時小学生だった僕は、その言葉を聞いただけでワクワクしたものだ。「三浦義澄の直系の子孫」などという台詞もあった。ちなみに「三浦義澄」は鎌倉時代に実在した武将で、後に北条氏に滅ぼされたはずなのだが・・・。「第一話の最後に出てくる水死体は、助監督の井上真介氏が演じたそうで、撮影の際は本当に死にそうに寒かったとか。テーマ曲の「遠い海の記憶」は、その井上真介氏が作詞し、彼の強い希望で石川セリさんが歌うことになったそうだ。ちなみに石川セリさんは井上陽水氏の奥さま。この作品はフィルム制作作品だったため、1989年にNHKエンタープライズよりビデオ・LDが発売された。

◆1981年に松竹映画『北斎漫画』に出演した時の佐瀬陽一さんのお姿は
こちら

◆UHさんより:「遠い海の記憶」は、心の奥に残る印象深い曲でした。楽譜がほしくて楽譜屋さんで探しました。日本放送協会刊「NHKみんなのうた」<第16集>の7曲目に入っています。最後の『あの輝く青い海が教えてくれたものは何だったのだろうと』とういところがなんともすごいです。

テーマ曲「遠い海の記憶」(作詞・井上 真介 作曲・樋口康雄 歌・石川 セリ)

「いつか思い出すだろう 大人になったときに あのかがやく 青い海と 通り過ぎた 冷たい風を 君をはぐくみ みつめてくれた かなしみに 似た風景 追憶の片隅で そうっと とけてしまうのだろう いまだ みつめておけ きみのふるさとを その美しさの中の 本当の姿を」

それ行け名探偵    9/3〜9/12 月〜水曜18:05〜18:30・6回
ぼくがぼくであること

◆放送日時:9/17〜9/26 月〜水曜18:05〜18:30・6回 ◆原作:山中恒「ぼくがぼくであること」 ◆演出:伊東美行 ◆脚本:岩間芳樹 ◆出演:平田秀一(有馬義人) 谷村夏代(奈良岡江里) 父(高木均) 母(根岸明美) 谷村老人(河野秋武) ◆コメント:小学6年生の今で言う落ちこぼれの主人公の少年が、ある日何気なく乗り込んだトラックの荷台で居眠りをしているうち、どこかに連れて行かれてしまって、結局、家出したことになり、たどり着いたカソ郡カソ村で、学校の姿とは正反対に大人顔負けに様々な事件を解決していく物語。おまけに、カソ村で知り合った夏代という同い年の女の子と仲良くなっちゃったり(とはいっても、最終回に原っぱに寝そべって、手をつなごうとしただけが)、夏代の妙に大人びたなまめかしさも手伝って、まだウブだった私は毎回どきどきしながら見ていた。俳優・柳葉敏郎さんも夏代の大ファンだったそうで、「テレビ探偵団」で奈良岡江里さんと再会?を果たした。奈良岡さんは今でも、モデルなどで活躍されているそうです。

◆最近?の奈良岡江里さんの写真は
こちら

◆t-catさんより:家出した少年がたどり着いた先はカソ郡カソ村?原作にはない設定だった。主人公が「カソ?」と尋ねたのに対し、相手(夏代だったか?)が「人がいない(少ない)ってことよ」と答える。主人公がヒロイン(夏代)が盲腸になったときにおぶおうとするが、体力がなく、よろめく。すかさず画面がストップモーションになり、「体育…2」とテロップが入る。主人公が現地の少年たちと仲良くなり、木に登る。「何が見える?」と聞かれ、「富士山」と答えると、「違う。○○山だ」と言われる。(現地の方言で語られていたような気もする。)原作にはないシーンのので、他の番組と混同しているのかもしれない。

テーマ曲「南風」(作曲・歌・佐藤 博)

「風が運んだ花の匂いに 酔ってしまったぼくなのさ 透き通る桃色の小さな耳に そっとかみついてしまったのさ あの夏の日の午後から 僕はず〜と酔っぱらいぱなし いつも心臓がどきどきして ほっぺたは まっかではずかしい」(写真&歌詞提供:evertailさん)

(この曲は、「青空」佐藤博 1997.01.15発売 ¥2,940 No.CHOPD-047に収められている)

海のセバスチャン   10/1〜10/24 月〜水曜18:05〜18:30・12回
しろばんば  
◆放送日時:11/5〜11/21 月〜水曜18:05〜18:30・9回 ◆原作:井上靖「しろばんば」 ◆演出:黛叶 ◆脚本:田中澄江 ◆出演:洪作(佐藤宏之)(佐藤晴通) しな(村瀬幸子) たね(鈴木光枝) みつ子(榎本さち子) ◆ストーリー:大正初期、陸軍軍医として各地を転任していた父親から離れて、郷里の静岡県湯が島で、祖母とふたりきりで暮らすことになった洪作少年が、孤独感にさいなまれながらも、やがて、若い叔母に母の姿求めて慕い始める。伊豆の美しい自然に育まれながら、次第に周囲の人々にも心を開いて成長していく少年の姿を描く。◆コメント:原作は、井上靖が祖母のもとに預けられて過ごした幼少の頃の思い出を綴った自伝的小説。今でも湯が島には、洪作たちの使っていた共同浴場(西の湯)などが残っているという。「しろばんば」とは「白い老婆」という意味で、夕方になると、どこからともなく姿を現す白い綿くずのような浮遊物のこと。
マッティと大ちゃん  

◆放送日時:11/26〜12/12 月〜水曜18:05〜18:30・9回 ◆原作:佐藤愛子「マッティと大ちゃん」 ◆演出:笹原紀昭 ◆脚本:水原明人 ◆出演:原町子=マッティ(光崎玲子) 父(瀬川新蔵) 母(藤岡ひろ子) 雨宮大吾(羽藤誠容) ◆ストーリー:マッティと大ちゃんは隣どうしに住む幼なじみの中学1年生。そろそろ男の子と女の子を意識する年頃。そんな二人の成長を明るく描いたドラマ。

◆Maybe your babyさんより:「マッティと大ちゃん」を書いた脚本家の水原明人とは、実は(自慢話にとらないで欲しいのですが)私の父なのです。父が書いたドラマを初めて見たのは、これが初めてでした。マッティの女の子は、気が強そうな性格で、左右をしばったお下げ髪をしていて、大ちゃんに親近感を抱いているのに、素直になれなくて、喧嘩ばかりしていた・・・そんな設定だったと思います。覚えているのは、マッティが、あるアイドル歌手のファンになり、その歌手からコンサートのチケット(だったと思う)を手に入れるまでのエピソードです。チケットを手に入れた嬉しさのため、マッティが狂喜しながら、友達に電話をして、「あの歌手が、手紙で私のこと、色々言ってくれたのよ」と、笑顔で話している後ろで、大ちゃんが、その歌手がチケットと一緒に届けてくれた手紙を見て、「何にも書いてないじゃないか」というシーンを覚えています。で、父から聞いた裏話なのですが、この「マッティと大ちゃん」は、大変評判がよくて、シリーズ化しようという話が出来て、次作も脚本を書く予定だったのですが、何故か父は降ろされてしまい、別の脚本家が書いた、次の「マッティと愉快な仲間たち」が、出来が悪かったせいで、シリーズ化がぽしゃってしまったそうです。

脚本家・水原明人さんより、当時のエピソードや思い出話をいただきました!

『少年ドラマ・シリーズの思い出』水原 明人

 NHKの夕方の番組として人気のあった『少年ドラマ』は、放送は全国放送でしたが、製作していたのは東京と中部本部(名古屋放送局)でした。大阪でも製作していたかもしれません。私の場合は、東京で一緒にドラマを作っていたプロデューサーが名古屋に転勤になっていたため、そちらから頼まれて『マッティと大ちゃん』や『ぼくのおじさん』などは、原稿を書くのは東京ですが、打ち合わせや手直しは名古屋で、当時は絶えず東京と名古屋の間を往復し、名古屋のホテルに缶詰になって仕事をしたりしていました。従って、撮影もスタジオは中部本部のスタジオ、ロケは名古屋を中心にした中部地方一帯でした。当時のNHK名古屋の建物は、今と違って古いビルで、スタジオも狭く、東京製作のようにセットも広々と使えませんでした。そのため、いろいろ工夫を凝らしました。『マッティと大ちゃん』は、二人の家が隣り合っていて、庭続きと言う設定になっていますが、実はこれだけでスタジオが一杯になって、他のセットが作れないため、両側に二軒の家、中央に両家の庭という仕組みにして、全体を広々と見せようという苦肉の策でした。しかし、そうすることで、両家の親しさ、繋がりも生かすことが出来ました。ドラマの場合、悪い条件を逆に生かして、内容を面白くするという技術も必要なのです。NHK名古屋ではドラマに使えるスタジオが限られていたために、『少年ドラマ』の収録が終わって、私が東京へ帰ろうとしてスタジオを覗くと、もう、前のセットはなくなって、当時から続いていた『中学生日記』ための教室のセットが作られているということも、よくありました。脚本の方で苦労したのは、この番組連続ドラマのくせに、月、火、水と3回続けると、木、金、土、日と四日休み、また、月、火、水と3回連続になるという変則な編成になっていたことです。そのため、お話のほうも、3回単位で一つのエピソードが終わり、次に期待を持たせる形で4日休み、再び、次の週の3回を前の続きのように始めるという工夫が必要でした。

 あの『少年ドラマ・シリーズ』は、製作する側に一つの共通の認識があったように思います。それは、主人公は少年少女だけれど、これは子供のためのドラマではない。子供も、大人も同じように楽しめて、同じように考えることが出来るドラマ。つまり、主人公がたまたま子供であるだけの普通のドラマにしたいということでした。誰でも経験のあることですが、子供というのは、大人が子供にこびていることは、敏感に感じます。わざわざ大人が子供の背丈にしゃがんでみせて、子供向けに作ったものではなく、子供を大人と同じように扱って「お前達、これが分かるか? 分かるよな」と、子供に対等に語りかける。しかし、主人公はたまたま子供なのだ、そういうドラマを私達は作ろうとしていました。『少年ドラマ・シリーズ』が、当時の小学生、中学生の人気を得て、今でも懐かしがってくれる方がいるとすれば、それは当時の製作者が、脚本家も、演出者も、子供を子供と見ないで自分達と対等に扱って、ドラマの内容をまともにぶつけようとした、その姿勢が視聴者に分かって頂けたからだと思います。私は二十数年前から新人作家養成のための教室の講師や、NHKと作家の団体の主催する全国ドラマ・コンクールの審査員をしていますが、『少年ドラマ・シリーズ』のこの姿勢は、今でも通用する大切な製作者の原点だと思い、新人作家達に何時も教訓として伝えています。昔々の作品を、これほどまでに記憶して下さる方達がいるとは、大変嬉しく光栄に思います。ありがとうございます。

1974(昭和49)年

姉弟         1/1 18:05〜18:50・1回
夕ばえ作戦
◆放送日時:1/14〜1/24 月〜水曜18:05〜18:30・6回 ◆原作:光瀬龍「夕ばえ作戦」 ◆演出:花房実 ◆脚本:石松愛弘 ◆出演:砂塚茂(山田隆夫) 父・代官(長門勇) 母(島田多代) 五郎(蔵忠芳) 高尾先生(うつみみどり) ◆コメント:かつて「ずうとるび」のメンバー、今や「笑点」の座布団運び山田隆夫が主人公。戦国時代にタイムスリップし、大活躍するお話。キンキン こと愛川欽也の奥さん・うつみみどりが先生役で出ていた。原作本(鶴書房)を買った記憶があるが、すでに手許になく、残念 ながら廃刊となっているらしい。

◆JUNJUNさんより:「江戸の旋風」(1975)という時代劇があり、これの第二弾「江戸の旋風II」(1976)の音楽CDが発売されています。このテーマ曲を聞いた知人が、これはNHK少年ドラマシリーズのいずれかの作品のテーマ曲そのものであるといい、おそらく「夕ばえ作戦」であろうと言っています。作曲の担当者が同じ服部克久であることから、もし同じ曲であれば、「夕ばえ作戦」である可能性は高いのですが・・・。(その通りです!)
◆時代劇に詳しい、JUNJUNさんのホームページで上記についての後日談は
こちら

◆t-catさんより:ダイアルを回して使うタイムマシン(今のTVのリモコンのちょっと大型の感じ)が登場する。若きうつみみどりが先生役をやっていた?主人公達が寝ようとして、硬い木の枕で頭を打つシーンが笑えた。忍者の娘(かわいい)が柳生との戦いで死ぬ。とても悲しいシーンだった記憶がある。主人公達に目をかけていた、長門勇が演じる代官?が最後で責任を取って切腹する。なぜだかこの時の長門勇の表情まではっきり記憶している。それだけショッキングなエピソードだったのだろう。ラストで主人公は、「こんなものさえなければ」と、タイムマシンだけを過去に飛ばす。
マリコ
◆放送日時:1/28〜2/6 月〜水曜18:05〜18:30・6回 ◆原作:高谷玲子(「静かに自習せよ-マリコ-」) ◆演出:伊東美行 ◆脚本:松田揚子 ◆出演:相川マリコ(浅野真弓) パパ(根上淳) ばあや(近松麗子) 白石雅也(木下清) ◆ストーリー:マリコはクラスの副委員長。クラスの問題児”わからずや花千”を何とか改心させようと、がんばる明るく正しい女子高生。マリコは4歳の時に母を亡くし、新聞記者の父と、ばあやのキヨと暮らしていたが、ひょんなことから父が飲み屋の女将と結婚を前提としたお付き合いをしていたことを知り、マリコはそんな父に反発を感じるようになる。                   

◆Marikoさんより:「マリコ」は、「少年ドラマシリーズ」ではじめて見た作品で、主人公が自分と同じ名前なのでとても印象に残っています。クラスの副委員長、相川マリコ役に浅野真弓さん、そして委員長、白石雅也役にあの、ケン・ソゴルもとい、木下清さんが出演していたのですね。なつかしい・・・。
荒野の王子      
◆放送日時:2/11〜3/6 月〜水曜18:05〜18:30・12回 ◆監督:パトリック・ドロムグール他 ◆脚本:クリストファー・ロビンソン他 ◆原題:「The Pretenders」

◆t-catさんより:やたらと暗い。兄弟が父親を捜すストーリー。ラストで、主人公兄弟が旅をする。彼らの父が処刑される場面?がコメディの題材にされている?(<よく覚えていない)彼らの父の名は「モンマス公」。(調べたが、何者だか不明。架空の人物?)

◆Libbyさんより:あのドラマの題材は、17世紀イギリスの「庶子モンマス公の反乱」です。(高校生のとき、世界史の教科書に出てました)ドラマのオープニングは毎回「1685年、イギリスで反乱が起った!」というナレーションで始まります。イギリス国王チャールズ2世が亡くなり、その弟ジェームズ2世が即位したとき、チャールズの庶子であったモンマス公が王位継承権を訴えて反乱を起こしたという史実に基づくストーリーです。主人公の兄妹は、母親が亡くなるとき言い残した「おまえたちの父親はモンマス公だ」という言葉を信じて、この反乱軍のリーダーに会うため旅にでます。兄の名はエラム、妹の名はパーフェクト。(変わった名前ですね)戦乱の中で旅を続ける2人は、すさんだ人々や狂った人々に出会いつつも、モンマス公の子供としてプライドを保ち続けます。なんとかモンマス公の陣営近くまでは行けるのですが、彼らが放り込まれた場所には「自分はモンマス公の親類縁者だ」と信じる“気の触れたお仲間”が大勢いるのです。その上、父と信じるモンマス公ジェームズ2世に処刑されてしまい、出生の真実は永遠の闇の中に。エラム役の少年の長い巻き毛とアンニュイな瞳に、小学生だった私はクラクラでした。もう一度、見たいものです。。。
ぼくのおじさん  
◆放送日時:3/18〜4/12 月〜水曜18:05〜18:30・12回 ◆原作:北杜夫「ぼくのおじさん」 ◆演出:武井博他 ◆脚本:水原明人・三枝睦明 ◆出演:ぼく(大鹿純) 妹(塩崎由美子) パパ(岡部雅都) おじさん(藤尾年樹)

◆Maybe your babyさんより:このドラマの脚本を書いたのも、父の水原明人(これが、ペン・ネーム)です。当時、子供だったときに、このドラマの出来あがった印刷された脚本を父に見せてもらい、そこに主題歌の歌詞が載っていましたが、ドラマで流れた主題歌とは、少々、歌詞が違っていました。女性コーラスで歌われる主題歌でした。うだつの上がらない町のおじさんと、一人の子供の交流を暖かく描いたホーム・ドラマで、テレビ局の人に、ひょんなことで、おじさんが怪獣のデザインを頼まれて、ひともうけしようとおもっていたところが、色々なことで、ぽしゃるというエピソードがあったと思います。
まぼろしのペンフレンド

◆放送日時:4/15〜5/1 月〜水曜18:05〜18:30・9回 ◆原作:眉村卓「まぼろしのペンフレンド」 ◆演出:黛叶 ◆脚本:岩間芳樹 ◆出演:渡辺明彦(山賀裕二) 伊原久美子(池上季実子) 木田めぐみ・本郷令子(加藤小代子) 荒川先生(剣持伴紀) ◆ストーリー:中学2年の明彦が、年上の女性と文通がしたくて少女雑誌に投稿する、といった少し屈折した視点からこの物語は展開する。数日後届けられた手紙の大阪の女性は実はインベーダーで、明彦は彼そっくりのアンドロイドにとって代わられる。まさしく影が実体と分離して一人歩きしてしまうのだ。最後に囚われていたインベーダーの基地を爆破し手をとり合って脱出した少女は池上季実子だった。この放送終了後、文通にあこがれるようになったのは言うまでもない。 ◆コメント:この作品が池上季実子のデビュー作ということは、意外と知られていない。1974年、いとこにあたる坂東八十助が出演するドラマの収録を見にNHKのスタジオ見学に行ったときにスカウトされたという。当時15歳だった。

◆27年ぶりによみがえる「幻のペンフレンド・2001」の情報は
こちら

◆t-catさんより:文通相手の住所は、実在しない「大阪市住吉区(東住吉区?)住吉通」。「住吉通」は違うかも知れないが、この作品で大阪に住吉という場所があるのをを知った。

「まぼろしのペンフレンド」テーマ曲(作曲・広瀬量平 作詞・歌手 不明)

ひだまりで ふと見た 俺の影 かなしい時おまえは 優しくひとこと声をかけてくれ 腹がたった時おまえも 足早に歩いてくれないか
だのに影よ その日おまえはひとり 離れて消えた お互いにバラバラには生きられないと知りながら 影よ おまえは 消えた  
  
ユタとふしぎな仲間たち
◆放送日時:5/6〜5/8 月〜水曜18:05〜18:30・3回(昭和49年10月・50年1月に短縮版を再放送・49年度芸術祭テレビドラマの部優秀賞受賞) ◆原作:三浦哲郎「ユタとふしぎな仲間たち」 ◆演出: 佐藤和哉 ◆脚本:早坂暁 ◆出演:ユタ(熊谷俊哉) 母(伊藤幸子) ペドロ(佐藤蛾次郎)モンセ(桂小かん)◆コメント:東北の伝説・座敷わらしたちと都会育ちの少年・ユタとの出会いを描いたストーリー。幻想的な映像、演出は、「少年ドラマシリーズ」の中でも傑出した完成度を持っていた。一年間にわたり、岩手県の金田一温泉を中心に撮影が行われた。ロケに使われた旅館には、以前本当に座敷わらしが出たらしい。ペドロたちのなぞの合言葉「ワダワダ、アゲロジャ、ガーイ」とは「僕だ、僕だ、戸を開けておくれよ、お母さん」という意味。なお、この作品の短縮版(60分)が、1989年にビデオ・LDで発売された。
おんぼろ車のドナおばさん 5/13〜5/22 月〜水曜18:05〜18:30・6回
悦ちゃん         5/27〜6/19 月〜水曜18:05〜18:30・12回
秘密の白い石       6/24〜7/17 月〜水曜18:05〜18:30・6回
風の中の子供       8/27〜9/4 月〜水曜18:05〜18:30・6回
霧の湖
◆放送日時:9/9〜9/18 月〜水曜18:05〜18:30・6回 1975年に再放送 ◆原作:久生十蘭「肌色の月」 ◆演出:武井博他 ◆脚本:三枝睦明 ◆出演:宇野久美子(上原ゆかり) 大池忠平・孝平(木村功) 忠平の妻(中原ひとみ) 大池隆(佐山泰三) ◆ストーリー:退屈な日常にあいそをつかしてふらりと旅に出た高校2年生の宇野久美子は、ふとしたことから、大池忠平という紳士の別荘に泊めてもらうことになる。ところが、翌朝、大池の姿はなく、湖に空のボートが漂っていた。大池忠平は本当に自殺したのだろうか?警察による湖の捜索が続けられるが、死体はいっこうに上がらない。忠平とうりふたつの弟、孝平の出現はいったい何を意味するのか?事件の真相を探る久美子は、やがて意外な事実を知る。霧深い湖の畔の別荘を舞台に、謎めいた事件に巻き込まれた高校生が、真相に迫ろうとする姿を描くミステリードラマ。 ◆コメント:原作は『顎十郎捕物帖』で知られる久生十蘭氏の絶筆となった作品『肌色の月』である。主演の上原ゆかりはかつて名子役として知られ、マーブルチョコレートのCMにも出ていて、「マーブルちゃん」の愛称で親しまれていた。今もフリーの女優さんとして活躍しているらしい。大池忠平役を演じたのは、今は亡き名優・木村功。その妻役に中原ひとみと、脇役も豪華で、少年向けでなく大人向けのドラマとしても十分通用する一流のドラマであったと思う。この作品は珍しくビデオ(フィルム?)が発掘され、1989年にNHKエンタープライズよりビデオ・LDが発売されていた。

◆大池隆役の佐山泰三さんの写真は
こちら 
空中アトリエ       9/23〜10/9 月〜水曜18:05〜18:30・9回
少年カウボーイ      10/14〜11/6 月〜水曜18:05〜18:30・12回
二十四の瞳        11/11〜11/20 月〜水曜18:05〜18:30・6回
アルプスのスキーボーイ  11/25〜12/18 月〜水曜18:05〜18:30・12回

1975(昭和50)年

春の太鼓         1/3 18:05〜18:50・1回
末っ子物語        1/6〜1/15 月〜水曜18:05〜18:30・6回
太郎           1/20〜1/29 月〜水曜18:05〜18:30・6回
マッティと愉快な仲間たち 2/3〜2/26 月〜水曜18:05〜18:30・12回
六年二組の春は・・・

◆放送日時:3/3〜/12 月〜水曜18:05〜18:30・6回 ◆原作:山中恒(「六年二組の春は・・・」) ◆演出:伊東美行き ◆脚本:山田正弘 ◆出演:早田かめの先生(川畑佳子) 村田利夫(神田一郎) 川原京子(前畑麻由美) 杉山弘(中島茂和) ◆ストーリー:山国にも、やっと遅い春が巡ってきた。野原には花が咲き、馬のアオが静かに草を食んでいる。のどかな村の小学校は、新しく町からやってきた早田かめの先生の話題でもちきりだった。かめの先生は着任途中事故に遭い、子供たちは先生を待ちわびていた。彼らはワンパクぞろい、着任した先生にイタズラを仕掛けたが、若くて美人、しかも変わった性格のかめの先生に驚く・・・・。                                         

挿入歌「たんぽぽのお酒」(作詞・藤本 和子 作曲・歌・佐藤 博)

「野に咲くライオンの誇り きらめくたんぽぽの花 遠くの氷売り 小麦畑の匂い あたたかい雨だれ落ちて お酒になるたんぽぽ 冬の地下室に 六月の冒険 たんぽぽのお酒 溶けた太陽の涙 きらめく黄金の花びら 谷間の町の中 黒い稲妻 今見つけた火照りと 森の暗闇 雪は降りしきる 輝いて燃える たんぽぽのお酒」

 (この曲は、「青空」佐藤博 1997.01.15発売 ¥2,940 No.CHOPD-047に収められている。情報提供:rocoさん)

キヨ子は泣くもんか    3/17〜7/26 月〜水曜18:05〜18:30・6回
赤外音楽

◆放送日時:4/7〜4/16 月〜水曜18:05〜18:30・6回 ◆原作:佐野洋「赤外音楽」 ◆演出:佐藤和哉 ◆脚本:鎌田敏夫 ◆出演:尾形法夫(門間利夫) 父(佐藤英夫) 今西妙子(遠藤薫) 龍崎英彦(平野康) 火尻(天本英世) ◆ストーリー:主人公、法夫はラジオの深夜放送で音楽の曲名を当てるクイズを聞く(曲は美しく青きドナウだったと思う)だが、それは一緒に聞いていた兄には聞こえなかった。クイズに応募した法夫はそのクイズを聞いた人々と共にミュータント研究所に連れて行かれる。そこで所長(演じるは天本英世!)から法夫らが千人に一人しか聞くことのできない赤外音楽を聞くことができる人間であることを知る。やがて、赤外音を聞ける人々のなかで記憶を失くし、地球滅亡を唱えたりする人が出始める。妙子も、謎をときかけていた友野も赤外音楽に操られ地球人としての記憶を失いだす。実はミュータント研究所は滅亡を間近にひかえた地球人を救いにやって来た宇宙人達だったのだ。赤外音を聞ける人間だけが地球人としての記憶を失くし彼らの星で生きていけるのだ。しかし、法夫と妙子はUFOに乗らなかった。父や母や友達が生きられないのに自分たちだけが助かるわけにはいかなかったからだ。UFOの大編隊が地球を去った。その正体を知っているのは法夫と妙子二人きりだった。なお、原作小説とは大幅に結末の違った作品である。

◆フォトストーリーは
こちら
◆門間利夫さんが団長の劇団「うるとら2B団」のホームページは
こちら

尾形法夫役の門間利夫さんより、コメントをいただきました!

あの時実は、事務所(ひまわり)の人間がオーディションの時間を2時間間違えて、オーディションが終わった後に無理矢理ディレクターに会わせてもらったのに主役になってしまいました。真っ赤な部屋で缶詰になって撮ったんだけど、みんなだんだん気が●っていった・・と言うか台詞をとちりだして結局撮影に8時間(予定は3時間程だったような・・)くらいかかってしまったことを覚えています。」

 当時のNHKとしては画期的な?番組づくり(ディレクターが新しい人で色々なことをやってみようと実験的)に挑戦していた頃の作品だそうで、赤外音楽も映像的に当時としてはかなり凝った物に仕上がっていたのではともおっしゃっていました。(このコメントは、うるとら2B団の「椰子の実」さんが門間さんに直接お聞きした談話を送っていただいたものです)

ふたりの追跡       4/21〜5/14 月〜水曜18:05〜18:30・12回
珍太郎日記        5/19〜6/11 月〜水曜18:05〜18:30・12回
ジュンのあした      6/16〜7/9 月〜水曜18:05〜18:30・12回
リバーハウスの虹     7/14〜7/30 月〜水曜18:05〜18:30・9回
野菊の墓         9/1〜9/17 月〜水曜18:05〜18:30・9回
長くつ下のピッピ
◆放送日時:9/22〜10/15 月〜水曜18:05〜18:30・12回 ◆原作:アストリッド・リンドグレーン「長くつ下のピッピ(Pippi Longstocking)」 ◆コメント:スウェーデンの児童向けTV映画作品。今でも絵本はよく見かける。キャロライン洋子!の歌うテーマ曲「チョラホップチョー ラララ チョラホップサンサ・・・」の一節が今でも頭に残っている。
すばらしき友人      10/20〜11/12 月〜水曜18:05〜18:30・12回
なぞの転校生
◆放送日時:11/17〜12/3 月〜水曜18:05〜18:30・9回 ◆原作:眉村卓「なぞの転校生」 ◆演出: 吉田治夫他 ◆脚本:山根優一郎 ◆出演:岩田広一(高野浩幸) 山沢典夫(星野利晴) 香川みどり(伊豆田依子) 大谷先生(岡田可愛) 平井(丸山久和) ◆ストーリー:東京郊外の団地に住む中学2年生の岩田広一は、ある日、空室だった隣室にいつの間にか人が住んでいるのに気づく。廊下で出くわした隣の少年に、広一は握手を求めるが、相手はぎこちなく、手を差し出そうともしない。二人は同じエレベーターで下へ降りた。この時、突然停電になり、真っ暗になったエレベーターの中で、少年は異常なほど恐怖におののき、ポケットから光線銃のようなものを出して、扉を溶かしはじめたのだ。翌日、その少年は広一のクラスに転校生として紹介された。少年は山沢典夫といい、スポーツ、学力に抜群の才能を見せはじめる・・・・。 ◆コメント:タイトルバックの石油コンビナートの空撮とフルートとハープの奏でるテーマ曲が奇妙な不安感を漂わせていた。第2回に出てくる昔の不良がけっこう笑える。この作品は視聴者の中からVTRテープが見つかり、1989年にNHKエンタープライズからビデオ・LDが発売されていた。

◆KAORUさんより:当時星野さんのファンでもありましたので、星野さんのHPへのリンクもびっくりしました。ひげを蓄えてらっしゃるけれど、あまりお変わりないですね。高野浩幸さんは昨年「ウルトラマンティガ」に出演されていたのを拝見し、それなりに恰幅もよくなっていらっしゃいましたが、当時の面影が残っていらっしゃって、うれしかったのです。沢村正一さんとか熊谷俊哉さんはもう俳優を辞められたんでしょうね。(沢総眛一さんはプリンセス・テンコーさんの助手をされています。また、熊谷俊哉さんも俳優を続けられています)

◆星野利晴さんを紹介したホームページ発見!
こちら
ぼくのテムズ川      12/8〜12/17 月〜水曜18:05〜18:30・6回

1976(昭和51)年

あおげばとうとし     1/3 18:00〜18:30・1回
二十四の瞳(第2部)   1/5〜1/14 月〜水曜18:05〜18:30・6回
幼年時代         1/19〜1/29 月〜水曜18:05〜18:30・6回
アルプスの少女ハイジ   2/2〜2/11 月〜水曜18:05〜18:30・6回
アケミの門出       2/16〜2/25 月〜水曜18:05〜18:30・6回
ママの卒業式       3/2〜3/27 月〜水曜18:05〜18:30・9回
いつわりの微笑      
◆放送日時:4/5〜5/6 月〜木曜18:05〜18:25・20回 ◆原作:津村節子「いつわりの微笑」 ◆演出:佐藤和哉他 ◆脚本:井手俊郎 ◆出演:原美佐緒(池上季美子) 義母(青木和子) 実母(原良子) 義父(久富惟晴) 弟(村田教之) お手伝い(滝奈保栄) ◆ストーリー:14歳の原美佐緒は、病気の母から思いがけない出生の秘密を知らされる。美佐緒の本当の母は大女優の叔母・森夏子だというのだ。
明日への追跡
◆放送日時:5/10〜5/27 月〜水曜18:05〜18:25・12回 ◆原作:光瀬龍「明日への追跡」 ◆演出:花房実他 ◆脚本:山根優一郎 ◆出演:竹下清治(長谷川諭) 落合基(沢村正一) 椿芙由子(斉藤友子) 北島二郎(門間利夫) ◆ストーリー:中学生・落合基は、ある日、転校生・竹下清治が基の家に押し入ろうとするのに出くわす。以後、竹下の周囲で不思議なことが次々と起こる。基はガールフレンド・椿芙由子と一緒に竹下の謎を解こうとするが、美貌の中学生・浦川礼子の邪魔が入り始める。基と芙由子は、浦川と竹下が鎌倉の同じ中学から転校してきたことを知り鎌倉へ、やがて、舞台は宇宙へと広がってゆく・・・。 ◆コメント:宇宙人の少年と美少女の謎の行動を、普通の中学生の男女が追跡するというコンセプトは、のちの「未来からの挑戦」にも通じる。椿芙由子役の斉藤友子が、実にかわいかった。

◆斉藤友子さんの秘蔵写真は
こちら。(NHK「若い広場」の「マイ・ブックコーナー」に出演している頃の写真。「グラフNHK」1978年10月号より「今月の顔」より)
長くつ下のピッピ〜冒険旅行、海賊退治
◆放送日時:5/31〜6/3、6/7〜6/10 月〜木曜18:05〜18:25・8回 ◆原作:アストリッド・リンドグレーン「長くつ下のピッピ(Pippi Longstocking)」◆コメント:小学生の頃、同作品を映画でも見た記憶がある。元々フィルム映画として製作された作品で、現在でもVTRが発売されている。ビデオ版ピッピの吹き替えはあの岸田今日子さん。世界中で愛されているベストセラー児童文学作品である。
地球防衛団
◆放送日時:6/14〜6/17、6/21〜6/25、6/28〜7/11 月〜木曜18:05〜18:25・12回
◆t-catさんより:26世紀の地球防衛団・スーパーティーンズが活躍する。(詳しい背景が思い出せないが)「今は20世紀じゃないか。スーパーティーンズが活躍するのは21世紀になってからだ」と言われたメンバーの一人が、「今はそのための準備(練習?)なんだ」といった内容の返答をする。質問の主がどういう人物だったかは思い出せない。
いたずらっ子エミール 7/5〜7/22 月〜木曜18:05〜18:25・12回
巣立つ日まで
◆放送日時:9/6〜10/1 月〜木曜18:05〜18:25・16回 ◆原作:菅生浩「巣立つ日まで」 ◆演出:伊東美行他 ◆脚本:石森史郎 ◆出演 和気靖(川崎公明) 野中正彦(坂本香)斉藤吉夫(宮田真) 境橋幸子(村田みゆき) 柳田妙子(玉川砂記子) ◆ストーリー:昭和30年前後の福島県郡山市を舞台に、6人の中学生の青春を描く。クライマックスは、心臓病の幸子(サッチン)が、手術の甲斐もなく、息をひきとるシーン。中原中也の「汚れちまった悲しみに」を朗読し、元気な頃の卓球の思い出などを語りながら、わずか15年の生涯を閉じる。「きらめく風を 追いかけて どこまで 君と 駆けただろう・・・」テーマ曲は、京子役の田中由美子が歌った。(作詞・立原あゆむ 作曲・三枝成章)

◆t-catさんより:心臓病の女の子の、手術前?のワンシーン。主人公の男の子の前に上半身裸の彼女がいて会話をしてる。彼女が振り向くところで画面が変わる?(そこで「手術の跡を見て」というセリフがあったような気もするが、だとすれば手術の後か?)
森の秘密       10/6〜10/21 月〜木曜18:05〜18:25・12回
兎の眼        10/26〜11/18 月〜木曜18:05〜18:25・16回
快傑黒頭巾      
◆放送日時:1/22〜12/2 月〜木曜18:05〜18:25・8回 再放送・1976年3/27〜3/31 18:00〜18:40(1日2回分放送)◆原作:高垣疇「快傑黒頭巾」 ◆演出:安江進 ◆脚本:大藪郁子 ◆出演 黒頭巾・天命堂(坂東八十助) 三葉(杉田かおる) 珠三郎(水野哲) 老人(林孝一) ◆コメント:この作品から「安寿と厨子王」まで、昔懐かしい児童文学の名作を集めた"名作・傑作シリーズ"が放送された。この作品は、「少年ドラマシリーズ」で唯一の本格時代劇となった。黒頭巾ふんするは、今や歌舞伎界のプリンス、当時二十歳だった坂東八十助(現・坂東三津五郎)。1998年、フジテレビ・近藤サトアナウンサーとの電撃結婚は記憶に新しい(2000年に電撃離婚)。ヒロインの三葉は、これまた名子役で名高い、チーボーこと杉田かおるが演じた。左の映像は、10年ほど前にTBSの「テレビ探偵団」で女優の斎藤慶子さんが出演した際、「少年ドラマシリーズ」が話題となり、「快傑黒頭巾」の坂東八十助さんのファンだったことから、その坂東八十助さんご本人が所有していた貴重なVTRが少しだけ紹介され、その映像をキャプチャしたものである。    
風の又三郎      12/6〜12/9 月〜木曜18:05〜18:25・4回
姉妹         12/13〜12/16 月〜木曜18:05〜18:25・4回
安寿と厨子王  
◆放送日時:12/20〜12/23 月〜木曜18:05〜18:25・4回 1977年12月に再放送 ◆原作:説教節「山椒太夫」 ◆演出:花房実 ◆脚本:田中澄子 ◆出演:安寿(池上季実子) 厨子王(長谷川諭) 山椒太夫(天本英世) 山岡太夫(森塚敏) ◆コメント:弟の厨子王(長谷川諭)をかばいつつ強く生きる安寿を池上季実子が好演した。弟を逃した後、湖に入水してしまうシーンでの、清冽な美しさが忘れられない。

1977(昭和52)年

11人いる!    
◆放送日時:1/2 18:05〜18:45・1回 ◆原作:萩尾望都「11人いる!」 ◆演出:峯岸透 ◆脚本:佐々木守 ◆出演:フロル(山城はるか) タダ(佐山泰三) 王様(吉田次昭) 四世(柴崎敏) ◆ストーリー:ワープ航法と反重力システムの開発により宇宙に飛躍していく人類。さらなる秘眛を目指して、宇宙大学には優秀な少年たちが群れ集まっていた。宇宙大学の最終テスト日。選び抜かれた10人のグループは、オンボロ宇宙船で行われる実地研修の場に集まった。ところが、10人しかいないはずのテスト場に、なぜか11人いた。11人目は誰、そして何者か?奇妙なテストが始まった・・・・。 ◆コメント:このドラマは萩尾ファンの間ではすこぶる評判が悪く、「超駄作」と名高い作品である。最悪なのは、ラストが違っていることで、許し難い逸脱であると萩尾望都ファンのみならずとも今でも憤慨する人が多い。できれば、なかったことにして欲しい作品。(左の写真の前列の右から二人目の女性は原作者の萩尾望都さん)
未来からの挑戦

◆放送日時:1/10〜2/11 月〜木曜18:05〜18:25・20回 1977年7月に再放送◆原作:眉村卓「ねらわれた学園」「地獄の才能」 ◆演出:伊東美行他 ◆脚本:田波靖男 ◆出演:関耕児(佐藤宏之) 父(稲垣昭三) 母(島田妙子) 楠本和美(小山セリノ) 吉田一郎(手塚学) 飛鳥清明(熊谷俊哉) 高見沢みちる(阪本真澄) 西沢杏子(佐藤美沙子) ◆コメント:ご存知「ねらわれた学園」に同じ眉村卓の「地獄の才能」のキャラクターをミックスした「少年ドラマシリーズ」の最高傑作の一つ。後に薬師丸ひろこ主演による映画化や民放テレビでの再ドラマ化(主演は映画デビュー前の原田知世)などリメイクが繰り返された。この作品で西沢杏子を演じていたのが、後の紺野美沙子であったことはほとんど知られていない。というのも本名の佐藤美沙子でクレジットされていたからだ。

◆くわしいストーリーは
こちら

「熊谷俊哉写真集」 

◆sinpoさんより:一番のお気に入りは「未来からの挑戦」で今でも忘れられません。テレビ探偵団(TBS)で、紺野美沙子さんが出演されたときにビデオをもっておられたので、そのうちビデオ化されるかなと思っていたんですけど、無理ですね。

◆HORIさんより:1997年末に放送されたBSの特番で少しだけ映像を見て懐かしくて、でもちゃんと「未来からの挑戦」を一緒に口ずさめたのには自分でも驚きました。

◆t-catさんより:非常に思い入れの深い作品なのだが、ストーリーがあまりよく思い出せない。未来へ行ってしまった主人公達が、大学の研究室のような場所を訪れ、地震の研究をしている科学者に会う。そこで東海大地震の話題になり、「え!東海大地震があったんですか?」と聞く主人公に、科学者は「何を言ってるんだよ。1977年から1978年にかけては東海地方で地震が多発した時期だったじゃないか」と答える。ちょうどこの頃、東海地震の危険性が指摘されるようになっていた。校内パトロールのことを知った主人公の父親が、それはファッショだ、とその危険について語る。母親は「そんな話しなくても」というが、父親は「今言っておかなくては」と言う。生徒集会かなにかの席で、生徒会長高見沢みちるに反抗的な態度をとった男子生徒がいた。高見沢みちるが指差すと、彼は苦痛を訴えて倒れる。(関耕児が)「何をしたんだ」と詰問すると、高見沢は「何もしていません。心にやましいところがあったからでしょ」といった内容の発言をする。戦時中にタイムスリップしてしまった主人公達が現地(過去)の人々に見つかる。(彼らから見れば未来の)学生証を見られ、非国民扱いされる。「アメリカのスパイ」とまで言われたような気もするが、定かでない。

◆Maybe your babyさんより:このドラマは素晴らしかった。今でも覚えています。「英光塾」という名前も。今見ると、英光塾の宇宙的な内装とか、悪い奴の派手なメークとかは、子供っぽくて、見るのはつらいかもしれないけど、ストーリーの重厚さは、少年ドラマとは思えないほどですね。実は、この番組を見た理由は、無名時代の紺野美紗子さんに惚れたからです。初めて見たときは「こんなきれいなかわいい女優さんがいたのか」と思いました。当時としては、とにかgズ麗で、垢抜けていて・・。演技は、バツでしたが・・。この番組にでていた小山せりのさんは、しばらく話題になり、当時の平凡や明星にグラビアで出ていたと思います。胸が大きいせいか、水着でグラビアに出て、今でいえば巨乳アイドルという感じでしたね。当時の明星に、彼女のダイエット記事や、朝起きる時の方法(朝起きたてに、シャワーをパジャマを着たまま浴びるというものでした)が出ていたのを、覚えています。

テーマ曲「青春の輝き」(作詞・田波 靖男 作曲・竹田 由彦 歌・陶山 寿雄)

「冷たいしぶきに声あげて はだしで波を追っていた まだ春しらぬ冬のなぎさ あこがれに胸はたかなる そのとききみの青春は 風にまう髪に輝く そのとききみの青春は 愛にもえる瞳にきらめく いつか越えるその日を誓い 2人でみつめた 遠い山脈(やまなみ)」

きみはサヨナラ族か  2/14〜3/3 月〜木曜18:05〜18:25・12回
困ったなァ      
◆放送日時:3/7〜3/24 月〜木曜18:05〜18:25・12回  ◆原作:佐藤愛子「困ったなァ」 ◆演出:鈴木孝昌 ◆脚本:土井行夫 ◆出演:田村桃子(平松里枝子) 山本さん(山岸映子) 野田三郎(斉藤和樹) ゲスト(野口五郎) ◆ストーリー:「困ったなァ」が口ぐせで、いつも困ったような顔をしている中1の女の子、田村桃子は、テレビ局にまで押しかけたりするほどの五郎ファンで、おまけに野田三郎というクラスメートを好きになってしまう。最後にはけんかばかりしていた桃子と三郎は仲良くなってハッピーエンド。 ◆コメント:野口五郎が実名でゲスト出演していた。名古屋放送局制作だったせいか、教室の風景や制服が「中学生日記」のそれとそっくりだった。左の写真はおそらく現存する唯一?の写真。(集英社文庫 コバルト・シリーズ「困ったなァ」の帯より)
赤い月
◆放送日時:4/4〜5/5 月〜木曜18:20〜18:40・20回  ◆原作:松本清張「高校殺人事件」 ◆演出:花房実他 ◆脚本:岩間芳樹 ◆出演:羽嶋謙(高野浩之) 父・壮吉(小松方正) 母・芳枝(佐々木すみ江) 妹・圭子(遠藤薫) 小西重介(市山登) 井出加奈江(村地弘美) 坂本信子(小林妙子) 泉(篠崎登) 山口(桑崎晃男) 柳田(塩屋翼) 中村先生(松川勉) 倉田春恵(小栗一也) 松川一郎(橋爪功)◆コメント:「なぞ転」の高野浩之が1年半ぶりに登場。もみあげは相変わらず長いままだった。セーラー服姿の村地弘美はめっちゃかわいかった。

◆「赤い月」に出演されていたizumiさんに、あらすじと当時のエピソードを綴って頂きました。
こちらです。
アン通り47番地   5/9〜5/26 月〜木曜18:20〜18:40・12回
叱られ人生      5/30〜6/23 月〜木曜18:20〜18:40・16回
孤島の秘密

◆放送日時:6/27〜7/21 月〜木曜18:20〜18:40・16回 ◆監督:ビル・ヒューズ他 原題:「The Lost Islands」 ◆コメント:(新聞の切り抜きより)南太平洋の孤島に漂着した5人の少年少女たちの冒険物語。(トニー・マーク・デビッド・ケイコ・アンナ)それぞれ国籍のちがう若者が乗り組んだ帆船が、ハリケーンに出合い、地図にはのっていない島に流れ着いた。

◆詳しいストーリーは
こちら

「孤島の秘密」テーマ曲 (歌 ・大野 徹也)

「誰も知らない小さな島に  流れついた5人の仲間  2世紀前へ逆もどり  遠い昔のなぞの島  島の支配者はオールマイティQ  村人たちはおそれうやまう  よそ者は入れぬ固いおきて  行こう力を合わせ  さぐれ孤島の秘密」(以上の情報はMarikoさんからいただきました)

幕末未来人

◆放送日時:9/5〜9/29 月〜木曜18:20〜18:40・16回  ◆原作:眉村卓「名残の雪」 ◆演出:佐藤和哉他 ◆脚本:蓬莱泰三 ◆出演:和田文彦(星野利晴) 伊藤良(沢村正一) ゆき(古手川祐子) 仙吉(犬塚弘) たか(万里昌代) 樫岡(蟹江敬三)  ◆ストーリー:横須賀港にある戦艦三笠を見学していた二人の高校生、伊藤と和田は、いつの間にか幕末の横浜に迷いこんでしまった。和田が受験用の日本史年表を持っていたために、佐幕派からも倒幕派からも狙われる羽目になる。二人は、史実を犯すまいと努力するが、薩英戦争が3ヶ月早まり、新撰組の沖田総司が5年も早く死ぬなど歴史は変わってしまった。そして、年表を手に入れた大津屋が陰で操作し、徳川幕府も倒れず、「明治」でなく「光文」という年号が公布されるなど、そこが自分たちの生きていた世界とは別次元の世界になってしまったことに気づかされる。はたして、彼らは現代に戻れるのだろうか? ◆コメント:物語の道中に花をそえたのは、記憶をなくした少女、ゆき。彼女もまた「時の迷い子」であるらしく、昭和初期の歌を口ずさんだりする。このゆき役を、無名時代の古手川祐子が好演していた。後にフジテレビの「ぼくたちのドラマシリーズ」で「幕末高校生」としてリメイクされたが、全くのどたばた学芸会ドラマで失望した。リメイクを最も期待する作品の一つ。

◆Maybe your babyさんより:最後に星野利晴くんが、過去から現代に戻ってきた方法は、確か海の崖の上から、下の海に、たまたま飛び降りることだったと思います。沢村正一くんが、上半身裸で、腕を頭の後ろに回して、あおむけで寝るシーンがありましたが、お腹は見事にひっこんでいるし、笨毛は何故かないわで(?)その肉体をイメージして、当時、私は腹筋運動にはげみました。あとのリメークの「幕末高校生」をたまたま、旅先で見ましたが、特撮もちゃちで、ひどかったですね。
十三歳の夏     10/3〜10/27 月〜木曜18:20〜18:40・16回
白い峠       10/31〜12/1 月〜木曜18:20〜18:40・20回
スカイパトロール・チョッパーワン  12/5〜12/22 月〜木曜18:20〜18:40・12回

1978(昭和53)年

蜃気楼博士     
◆放送日時:1/9〜1/26 月〜木曜18:20〜18:40・12回 ◆原作:都筑道夫「蜃気楼博士」 ◆演出:鈴木孝昌他 ◆脚本:川崎九越 ◆出演:久保寺俊作・蜃気楼博士(井上昭文) 草間昭一(吉川浄) 弟(田中健三) 峠原忠明(剣持伴紀) ◆ストーリー:奇術師・久保寺俊作は、蜃気楼博士と呼ばれているナイスガイ。今までも、インチキ心霊術師をヘコませたり、次々と新しい実験を繰り返し難事件を解決してきた。ある日、蜃気楼博士は、超能力ではるか離れた人間を殺すという峠原忠明の挑戦を受ける。受けて立つ博士と博士に従う草間次郎少年との活躍が始まった。

◆t-catさんより:「ドクターミラージュ」と呼ばれる退役奇術師・久保寺が登場する。彼と霊能者・峠原との戦い。舞台は名古屋だった。名古屋市営地下鉄・鶴舞線が登場する。(私は名古屋人ではないのだが、鉄道ファンだったので妙によく覚えている。)オープニングの題字は縦書き・明朝・斜体のシンプルな感じだった(と思う)。

◆pitohuiさんより:最終回の前に「ドクターミラージュ」こs繚気楼博士は死んでしまうのですが、主人公が公園で群れるハトに目を向けると、死んだはずv繚気楼博士がニヤッと笑いかける幻を見る、というラストがなぜか印象的で、22年経った今でもはっきり覚えてます。第1回で、蜃気楼博士と主人公が最初に出会ったのが同じ公園で、それも博士がハトにエサをやっているところだった、という点を考えれば、ありがちな演出なのかもしれませんが、単なる子供向けドラマにしてはなかなか凝っていたと思います。なおt-catさんが書かれていた霊能者というのは覚えてないです。舞台が名古屋、というのもよく覚えてません。私が覚えている内容は、主人公と博士が知りあった後、次々に殺人事件が起きるのですが、犯人が誰だかわからない。博士も襲われ、相手を殺してしまうが、正当防衛と認められますます迷宮入りる。しかし、正当防衛の件も含め(襲ってきたのではなく、襲うように仕向けた)、全ての事件の犯人はじつは博士で、蜃気楼博士は足が悪くて車椅子に乗っていたので誰もがそんなことは無理だと思っていただけだった(昔取ったきねづかで、マジックのトリックを使っていた。たいへん残念なことに、なぜ博士が殺人を犯したかの理由については覚えてないです)。主人公に正体を見破られた後、博士は死んでしまう(病死だったか、自殺だったか覚えてないです)、といったものです。
その町を消せ!

◆放送日時:1/30〜2/23 月〜木曜18:20〜18:40・16回 ◆原作:光瀬龍「消えた町」「その花を見るな!」 ◆演出:吉田治夫他 ◆脚本:山根優一郎 ◆出演:井上鉄(小山梓) 父(大矢兼臣) 母(大方斐紗子) 白戸依(玉川砂記子) 赤川二郎(熊谷俊哉) 森田千鶴子(斉藤浩子) ◆ストーリー:平凡な中学生である主人公が、外出途中、自宅で幽霊が出るという少女と出会い、彼女の家でパラレルワールドに迷い込んでしまう。幽霊というのは次元の裂け目から見える別の世界の人間のことで、そこは完全独裁制の暗黒社会だった・・・・。                                    
◆コメント:「巣立つ日まで」、「その町を消せ!」に出演されていた、玉川砂記子さんは、現在、「玉川紗己子」と改名され、数々のアニメやNHK教育テレビの「セサミ・ストリート」などで声優として大活躍されています。詳しくは、MESSAさんによる、
「SakkoさんFanページ」をご覧下さい。また、森田千鶴子役の斉藤浩子さんは、すでに芸能界を引退し、元巨人軍投手でタレントの定岡正二さんの実弟と結婚されたとのこと。


◆詳しいストーリーは
こちら

◆Maybe your babyさんより:このドラマは、オープニングの映像が、主人公の小山梓くんが、川を走っている姿を、スローモーションで映したもので、「いつか見た、絵の坂道は・・・」の主題歌も、この歌詞の部分だけ、メロディーつきで歌えます。白戸依役の女の子が、初回で小山くんと抱き合うシーンがあり、子供心に「いいなー」と思ったのを覚えています。ドラマの最後は、暗黒世界から普通の世界に戻ってきた小山くんが、道端で暗黒世界で知り合った少女と似た女の子と出会い、声をかけますが、当然、違う人で、そのまま、二人が通りすぎるというラスト・シーンだったか・・・。この辺は、詳しいストーリーを覚えていないので、確証が持てませんが、似たシチュエーションだったのは、確かです。

テーマ曲「季節」(作詞・立原あゆむ 作曲・チト河内 歌・トランザム)

「いつか見た絵の坂道は どこまで続いていたのだろう 過ぎ去った日の思い出は 色の滲んだ風景画 春を待ちわび 夏に出会い 腕をすり抜け 秋は旅立つ いつしか雪は降り積もり まどろみの中 夢を見る」 

寒い朝      2/27〜3/16 月〜木曜18:20〜18:40・12回
ポンコツロボット太平記  12/25〜12/28 月〜木曜18:20〜18:40・4回

1979(昭和54)年〜1983(昭和58)年

七瀬ふたたび
◆放送日時:1979年8/6〜8/18 日〜土曜18:00〜18:29・13回 ◆原作:筒井康隆「七瀬ふたたび」 ◆演出:花房実・佐藤和哉他 ◆脚本:石堂淑朗 ◆出演:火田七瀬(多岐川裕美) ノリオ(新垣嘉啓) 岩淵恒夫(堀内正美)ヘンリー(アレクサンダー・イーズリー) 漁藤子(村地弘美) 山村栄一(高橋長英) 語り手(芥川隆行) ◆ストーリー:人の心を読めるテレパス・七瀬が、独りで旅に出るところから、物語は始まる。途中、予知能力者の恒夫、テレパスのノリオ、黒人の念動力者ヘンリーと出会い、その4人で超能力者の安住の地を求めて北海道に渡ろうとして、フェリーの船上でタイムトラベラーの藤子とも出会う。しかし、その資金を得るため、超能力者の理解者・山村とマカオのカジノに行ったことがきっかけで、殺し屋・ゾンビー軍団に命をねらわれることに・・・。◆コメント:6年間以上も、夕方の帯ドラマとして制作され続けた少年ドラマシリーズも1978年の「寒い朝」を最後に、以降は夏休みなどの短期集中放映となる。が、作品数は5年間で11作品にしかならず、ヒット作も少ない。そんな時期に生まれた唯一の傑作が「七瀬ふたたび」で、特撮技術の粋とキャスティングを含めた綿密な演出とで、「少年ドラマシリーズ」の集大成ともいえる見事な作品だった。この作品は、1990年にNHKVOOKよりビデオ・LDが発売されていた。しかし、残念ながら今は絶盤となっている。

◆ノリオ役の新垣嘉啓(しんがき よしひろ)さんは、大学卒業後、NHK沖縄放送局、徳島放送局を経て、現在、NHKラジオセンターに勤務されています。
オハヨウ先生こんにちは   1980年8/4〜8/11 日〜土曜18:00〜18:30・8回
ぼくとマリの時間旅行   
◆放送日時:1980年8/12〜8/15 火〜金曜18:00〜18:30・4回 ◆原作:小松左京「時間エージェント」 ◆演出:佐藤和哉他 ◆脚本:長坂秀佳 ◆出演:戸田タツオ(石橋正次) 秋辺マリ(高瀬春奈) ムタイ所長(宍戸錠) ネアンデルタール原人(丹古母鬼馬二) 浪人(大塚周二) ◆ストーリー:ひょんなことから、時間管理局20世紀支局東京支部で働くことになった男タツオと武道の心得のある美人所員マリ、それに所長と支部長を加えた四人が、時間を超えて活躍するコメディ・タッチのドラマ。

◆t-catさんより:主人公が未来を訪れ、不良幼稚園児に襲われる。着ていたウラトレマン(勿論ウルトラマンのパロディ)の着ぐるみが功を奏し、最初は人気になるが、空を飛べないことに腹を立て、ぼこぼこにされる。救助にきたヒロイン(マリ)が着ぐるみの残骸を見つけ、泣いていると、何とか逃げ出していた主人公が現れる。「ウラトレマン」については、原作(「時間エージェント」でしたっけ?)でもそういう表記だったのか、他局のキャラクタなので「ウルトラン」が使えなかったのかは不明。
家族天気図       1980年12/22〜12/27 3/23〜3/28 月〜土曜18:00〜18:30・12回
おとうと         1981年8/27・28 木・金曜18:00〜18:40・2回
星の牧場        1981年11/2・3 月・火曜18:00〜18:40・2回
あんずよ燃えよ    1981年12/21・22 月・火曜18:00〜18:40・2回
芙蓉の人        1981年4/1・2 木・金曜18:00〜18:40・2回
おれたち夏希と甲子園    
◆放送日時:1982年8/2〜8/6 月〜金曜18:00〜18:30・5回 ◆脚本:高星由美子「野球狂の詩を唄う娘」 ◆演出:中村哲志 ◆脚本:高星由美子 ◆出演:愛田夏希(愛田夏希) 荒木計太(二戸義則) 加瀬剛(沢総眛一) 松田和(星野利晴) 川村誠(平尾仁) 楚木監督(峰岸徹) ◆ストーリー:夏の高校野球地区予選、星北高校は準決勝まで勝ち進んだが、主砲の加瀬が負傷してしまった。そこで、大会規定では認められていないはずの女子部員・夏希が出場することに・・・。 ◆コメント:NHKVOOKよりビデオ・LDが発売されていた。
だから青春泣き虫甲子園  1983年6/14〜10/13 火曜19:30〜20:00・13回


 1996年3月、NHK教育テレビで「ジュニアドラマシリーズ」が始まり、「少年ドラマシリーズ」を踏襲したシリーズとして期待されたが、「クラインの壷」 のみ放送され、残念ながらシリーズとしては継続しなかった。 しかし、1999年4月、再び少年少女向けドラマシリーズ「ドラマ愛の詩」が始まり、往年の「少年ドラマシリーズ」ファンは、涙を流しながら見たという。わが子と一緒に・・・・?「少年ドラマシリーズ」よ永遠に・・・・。


ホームへ